画像版 YM 210402紹介依頼 蓮坊議員に 300514山名学答申書の件 #山上秀明検事正 

画像版 YM 210402紹介依頼 蓮坊議員に 300514山名学答申書の件

#山上秀明検事正 #清水知恵子裁判官 #進藤荘一郎裁判官 #北澤純一裁判官 #新田和憲裁判官 #青木裕史裁判官

 

*****

アメブロ版 YM 210402紹介依頼 蓮坊議員に 300514山名学答申書の件

https://ameblo.jp/bml4557/entry-12665892681.html#_=_

 

note版 YM 210402紹介依頼 蓮坊議員に 300514山名学答申書の件

https://note.com/thk6481/n/n6398e7824bca

 

******

YM 210402紹介依頼 01蓮坊議員に 300514山名学答申書の件

https://pin.it/3W4gn25

 

YM 210402紹介依頼 02蓮坊議員に 300514山名学答申書の件

https://pin.it/2HfSaBE

 

YM 210402紹介依頼 03蓮坊議員に 300514山名学答申書の件

https://pin.it/5j9Dl9u

 

YM 210402紹介依頼 04蓮坊議員に 300514山名学答申書の件

https://pin.it/11lyctn

 

YM 210402紹介依頼 05蓮坊議員に 請願書

https://pin.it/2L8S2ak

 

************

令和3年4月2日

 

参院議員 蓮坊議員 殿

〒100-8962 東京都千代田区永田町2丁目1−1

参議院議員会館内 411号室

 

〒343-0844 埼玉県越谷市大間野町 

                                  ㊞

                FAX 048-985―

 

参議院行政監視委員会に対する請願書提出に伴う議員紹介のお願い

 

前略

私は、総務省 情報公開・個人情報保護審査会がした違法な答申により、知る権利の侵害を受けた者です。

侵害を受けたことに対して救済を求める目的で、参議院行政監視委員会に対し、請願書を提出したいと思料しています。

 

参議院行政監視委員会のHPで調べたところ、以下の案内がありました。

請願書提出をするには、『 請願書は、議員の紹介により提出しなければなりません。 』との一文があります。

 

つきましては、ご高覧頂き、内容を理解した上で、別紙 請願書に署名・押印のうえ、参院行政監視委員会にご提出くださいますようお願いいたします。

草々

 

請願に至るまでの経過説明は以下の通りです。

 

1 私は、日本年金機構に対して、私の納付済通知書を、保有個人情報開示請求した者です。

 

2 年金機構からは、不開示決定処分がなされました。

不開示理由は、「 済通はコンビニ本部が保管している。年金機構は保管していないから、年金機構の保有文書ではない。 」との文言でした。

 

3 私が不服審査申立てをしたところ、以下の200514山名学答申書が発行されました。

上記の答申書は、総務省 情報公開・個人情報保護審査会の答申状況から誰でも閲覧できます。

https://www.soumu.go.jp/main_content/000550833.pdf

 

『 諮問庁:日本年金機構

諮問日:平成30年2月7日(平成30年(独個)諮問第8号)

答申日:平成30年5月14日(平成30年度(独個)答申第7号)

事件名:本人が特定年度に納付した国民年金保険料の納付書の不開示決定(不

存在)に関する件 』です。

 

以下の3委員が作成しました。 山名学名古屋高裁長官(元職),常岡孝好学習院大学教授,中曽根玲子国学院大学教授

 

4 日本年金機構は、H300514山名学答申書を根拠として、不開示妥当との裁決をし、不開示決定は確定しました。

 

5 しかしながら、300514山名学答申書は、虚偽有印公文書であります。

理由は以下の通り。

ア 総務省保有の概念によれば、以下の通りである。

https://ameblo.jp/bml4557/entry-12602713347.html

 

㋐ 所持と保有とは同値であること。

㋑ 所有権を持っている文書は、所持(保有)している文書である。

所有権を持っていない場合でも、法的に支配していれば所持(保有)している文書である。

 

㋒ 済通の所有権は厚生労働省が所持しています。

年金機構は、済通を法的に支配している文書です。

法的に支配している根拠は、(業務の範囲)日本年金機構法第二七条第1項第三号の規定である。

https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=419AC0000000109

 

㋓ 済通を法的に支配していることの解説は、以下の記事によります。(添付します。)

https://ameblo.jp/bml4557/entry-12659112775.html

国会図書館請求記号=「Z6-272」H190716週刊社会保障 No.2440

筆者 (前)社会保険庁総務部総務課 長田浩志

公的年金の運営主体は国、機構には業務全般を委託実施

 

㋔ 「 公的年金の運営主体は国、機構には業務全般を委託実施 」を要約すると以下の通り。

(1) 済通は歳出入に係る記録文書であること。

 

(2) 済通の開示請求に係る業務については、権限は厚生労働省が保留したままで、年金機構に業務委託した業務であること。

 

(3) 年金機構は、コンビニ店舗で納付した済通については、「国民年金保険料の納付受託事務に関する契約書」等により、コンビニ本部に対して保管業務を委託しています。

 

(4) 済通は、納税者の個人情報であります。

個人情報が記載された済通の所有権を、民間企業に対して、所有権移転することは、法的に行えません。

 

(5) 上記から、「済通は年金機構の保有文書である」ことが導出できます。

一方で、H300514山名学答申書は、「済通は年金機構の保有文書ではない」との答申をしています。

 

㋕ H300514山名学答申書は、虚偽有印公文書であり、恣意的に作成された虚偽有印公文書であること。

 

「済通は年金機構の保有文書である」ことの情報については、「 H190716週刊社会保障 No.2440 」にも掲載されていますこと。

このことから、(証明することを要しない事実)民訴法第179条所定の顕著な事実である。

 

一方、山名学名古屋高裁長官(元職),常岡孝好学習院大学教授,中曽根玲子国学院大学教授 は、(委員)情報公開・個人情報保護審査会設置法第四条第1項所定の有識者として、両議院の同意を得て、内閣総理大臣が任命した者であります。

〇 情報公開・個人情報保護審査会設置法

https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=415AC0000000060

山名学名古屋高裁長官(元職),常岡孝好学習院大学教授,中曽根玲子国学院大学教授 が、「済通が年金機構の保有文書である事実」について、知らなかったと言える立場にはないこと。

 

特に、山名学名古屋高裁長官(元職)は、常勤の委員であり、年俸1824万円を税金から支給されています。

再就職先で仕事をしているなら我慢もできますが、真逆の答申を出し、納税者の知る権利を侵害しています。

 

㋖ 今現在も、H300514山名学答申書は拘束力を持っていること。

H300514山名学答申書は、今現在も、総務書のHPで公開されています。

https://www.soumu.go.jp/main_content/000550833.pdf

虚偽有印公文書が誰でも閲覧できる状況下にあることを意味しています。

 

㋗ 私は、今現在も、H300514山名学答申書の拘束力により、知る権利を侵害されています。

 

㋘ まとめ

連坊議員に置かれましては、内容ご理解の上、別紙 請願書に署名・押印のうえ、参院行政監視委員会にご提出くださいますようお願いいたします。

 

追伸 

不明な点がありましたら、FAXを下さい。

参議院行政監視委員会への苦情申立として処理することは、お断りします。

 

以上